スポンサーリンク

【docomo・音声】スマートフォンプランの最低維持費まとめました。2018/11/5

スポンサーリンク

ドコモのスマートフォンプランの場合、一番安く運用するといくらなのか最低維持費をまとめました。

端末を分割で購入の場合は別途端末代金がかかります。
ユニバーサルサービス料は省略します。

カケホーダイプランを選ぶ場合は、
カケホーダイライトプラン(5分以内通話無料)・・・+720円
カケホーダイプラン(24時間通話無料)・・・+1,720円
をそれぞれの金額にプラスしてください。

スポンサーリンク

シェアグループを組まずに一人で使う場合

シンプルプラン980円
spモード300円
ベーシックパック(1GB)2,900円
合計4,180円

消費税8%・・・334円

ベーシックパック(3GB)の場合・・・+1,100円
ベーシックパック(5GB)の場合・・・+2,100円
ベーシックパック(20GB)の場合・・・+4,100円

この合計から月々サポートの金額が割引になります。

シェアグループの代表回線になる場合

シンプルプラン980円
spモード300円
ベーシックシェアパック(5GB)6,500円
合計7,780円

消費税8%・・・622円

ベーシックシェアパック(10GB)の場合・・・+2,500円
ベーシックシェアパック(15GB)の場合・・・+5,500円
ベーシックシェアパック(30GB)の場合・・・+8,500円

この合計から月々サポートの金額が割引になります。

シェアグループの子回線(シェアオプション)の場合

シンプルプラン980円
spモード300円
シェアオプション定額料500円
合計1,780円

消費税8%・・・142円

この合計から月々サポートの金額が割引になります。

シェアグループの子回線(シェアオプション)でdocomo with適用の場合

シンプルプラン980円
spモード300円
シェアオプション定額料500円
docomo with-1,500円
合計280円

消費税8%・・・22円
spモードを外した場合、docomo withの割引が1,200円になるので、
spモードを外しても合計料金は変わりません。

シェアグループに入って寝かせる場合(月々サポートを適用させる場合)

シンプルプラン980円
シェアオプション500円
合計1,480円

消費税8%・・・118円

月々サポートが1,481円以上であれば、シェアグループ代表回線から値引きされます。
例えば月々サポートが1,600円の場合は、1,600-1,480=120円が余りますので、
120円が代表回線から割引されます。

ドコモオンラインショップなら契約時の事務手数料はかかりません。

 

※ガラケーの場合はカケホーダイプラン2,200円、カケホーダイライトプランが1,200円で、
スマホプランより500円安くなります。
【docomo・音声】ドコモケータイ(フィーチャーフォン)の最低維持費まとめました。

 

↓データプランはこちら↓
【docomo・データ】データプランの最低維持費まとめました。

※当ブログの情報が最新のもの・正しいものとは限りません。最新の情報・正しい情報をお伝えできるよう努めますが、行動する際は自己責任でお願い致します。 また、記事の内容に間違いがある場合にはコメント欄より教えてもらえるとうれしいです。

docomo最低維持費
スポンサーリンク
あなたにオススメの記事
スポンサーリンク
MNPプランナー-second season-をフォローする
MNPプランナー-second season-

コメント